珈琲とお店への想い

淹れたての香りあるサイフォン珈琲と手作りメニューを楽しめるお店

桜屋珈琲館の原型は、1973年に京都府舞鶴市に開業した「自家焙煎の店 珈琲十番館」まで遡ります。
その後、レストランチェーンを開業展開を果たしましたが、2015年秋、42年前の創業当時の珈琲に対する熱い想いを届けたいと、大阪市北浜に桜屋珈琲館1号店をオープンいたしました。
これまでのレストランチェーンの経験を活かして、お食事にもこだわり「温かいものは温かいうちに」を大切に、ご提供したいと思っています。
この1号店は、大正時代に建築され、「登録文化財」に指定された、趣ある佇まい。
懐かしくレトロな雰囲気のお店で、1杯1杯丁寧に淹れる、香り高いサイフォン珈琲をぜひお楽しみください。
朝の1杯に、ランチに、仕事帰りに、お客さまのくつろぐ時間をぜひ淹れたての珈琲とともにお過ごしください。